リトミック

リトミックとは

リトミックは、楽しく音楽と触れ合いながら、基本的な音楽能力を伸ばすことだけではなく、「注意力」「集中力」「思考力」「社会性」「協調性」など、人間が生きていくなかで必要な諸能力も養うことができます。子どもたちは、自分の身体を使い、イメージした動きを自由に表現する活動を繰り返すことによって注意力、集中力、思考力を育てていきます。そして仲間と音楽を楽しむことで社会性、協調性も身につきます。

リトミックの歴史

リトミックは、20世紀初頭に、スイス・ジュネーブの作曲家で音楽教育家でもあったエミール・ジャック=ダルクローズ博士(Emile Jaques-Dalcroze 1865-1950)によって創案された音楽教育法です。児童心理学・生理学の観点から、大切な幼児期の人格形成教育として知られています。

ダンスとリトミックの違い

ダンスや遊戯のように、あらかじめ決められた動きを記憶して繰り返すのではなく、指導者の演奏する音楽を聴いて、反応します。動きを判断し、身体運動・表現(行動)します。つまり、《感じ取り→考え→行動する》という、人間にとって非常に大切な行動パターンのトレーニングを行うことになります。

グループレッスン開講日


7月のグループレッスン表をPDFで確認する

3-5才児いちごクラス
(生年月日2018.4.2〜2020.4.1)

お友達と関わりながら、音楽の基礎であるソルフェージュを中心として、楽しく学ぶクラスです。ピアノを聴き、心で感じ、身体で表現することを体験しながら、様々な基礎能力を身に付けていきます。ピアノや楽器の導入に最適なリズム感、音感を覚えることでバランスよく自己表現力を高め、創造性豊かな個性を育みます。これらは子どもたちの自主性、積極性に繋がり、生きる力の根底となるのです。

レッスン内容

・あいさつ(社会性)
・ピアノによるレッスン(リズム感・音感・集中力)
・音符カード(思考力)
・季節の歌(協調性・記憶力)
・絵本(知的能力・探求心)
・お絵描き(創造力・観察力・表現力)
・レッスンノート(自己認識・自己肯定)

 

プライベートクラス(3~12才)

お好きな時間に自由な空間で、ご家族ご兄弟と一緒にレッスンが受けられるクラスです。
明るくのびのび、音楽を身体で表現します。特定の時間に来られない方にお勧めです。
言葉や動作がゆっくり、お友だちと一緒にいるのが苦手、発達が気になるお子さま、ご家族と相談しながらお一人お一人に合わせてレッスンします。